原告への励ましのメッセージ
2007 / 10 / 15 ( Mon )
★原告のあなたへ★

 はじめまして。私は岡山県岡山市に住む51歳の男性です。あなたが被害を受けられた事件のこと、そして女性の尊厳をかけて裁判を起こされたこと、以前から報道により存じ上げてはおりましたが、昨日、支援する会のホームページのあることを知り、あなたの近況や裁判の詳細について知ることができ、大変遅くなりましたが、応援の気持ちをお伝えいたしたく、このメールをしたためております。
 あなたが受けられた被害に想いをはせるとき、同じ加害性を持つ男性の一人として、大変申し訳なく思うと同時に、一人の娘の親として加害者への憤りを感じました。あなたが泣き寝入りをすることなく、裁判に訴えられた勇気に感動しています。時代を前へと推し進めるのは、どうやら女性の力によるところが大きいようですね。
 裁判が最終局面を迎える中、あなたが自らのために、一番過酷な証人尋問の壁に立ち向かっていこうという決意を伺って、心から応援の拍手を贈るとともに、あなたの背中を支える多くの手の一本として、今日から署名活動を始めたことをお伝えします。

 北海道に桜が咲く頃、あなたのもとへ暖かい春が訪れることを信じています。

  岡山県岡山市 杉本


★原告のあなたへ★
3年もの長い間どんなにか苦しい思いをされてきたことでしょう。あなたの悔しさを想像すると、胸が痛みます。
裁判に訴えた勇気を心から応援しています。
本人尋問は本当に大変なことだと思います。
どうか、乗り越えてください。
愛媛の地から祈りつつ精一杯のエールを送ります。(T)




支援する会にメールで届いたメッセージ(2007年11月4日〜2008年2月6日分)
(ご本人から了承いただいたもののみ掲載しています)

★記事、読ませていただきました★
ネットで、記事を読ませて頂き、ただ言いたい事は、怒りを感じているのはあなただけではないということです。一人ではないので、たくさんつらい経験を、今、していらっしゃると思いますが、まだ裁判乗り越えて下さい!!
怒り心頭で、やるせない気持ちでいっぱいです、でも当の本人であれば、言葉で表せない怒りだと思います。ただ、知ってほしかったです、同じ気持ちです、そして応援しています。
東京都 Y.S.(学生)

★支援連帯★
21歳のあなたを心から支援します。
あなたへの組織的嫌がらせが行われている自衛隊内の考え方もやり方も、まったくの人権侵害であり、さらなる犯罪的行為です。
 このような不正が堂々と行われている事実にたいして、提訴したあなたの意志と行動は、実に感動的です。 ともに闘い続けましょう。
東京都 弘田 (修道女)

★私も支援します★
 私はなにより、自衛官として在職して、裁判で不当な人権侵害と立ち向かわれたことに心を動かされます。私は私立高校を定年退職して2年なのですが、在職中の差別撤回のため、裁判を続けているものです。
そもそも私が子どもを出産した際に、学園理事長は「産休を2度とった者はヒトの倍働きなさい」と言い、その挙げ句、すべての仕事を外す、最後には自宅待機を命令するという教育現場の責任者とは思えない酷い仕打ち、人権侵害を繰り返しました。
 こうしたなか教職員組合を結成したのですが、今度は理事長は組合委員長を不当解雇。私たちは15年もかかりはしましたが、判決の確定で二人とも仕事に戻ることができたという経験をしました。不当なことは不当と言い続けたから実現したのだと心に刻んだことでした。
 原告の女性自衛官の方はこんな不当なことが許されるはずがない、認められないという一心で頑張っていらっしゃることと思います。毎日のたたかいに心から応援します。また、私たちもそうでしたが、多くの方の支援がとても大きな力となると思います。
支援する会の事務局のみなさんの御奮闘に心から応援します。
東京都 T.Y.


支援する会にメールで届いたメッセージ(2007年5月27日〜11月4日分)
(ご本人から了承いただいたもののみ掲載しています)

★大阪のおばちゃんです★
はじめまして、テレビで報じられたときここ大阪から北海道新聞にはメール出しました。この59歳のおばちゃんは22歳の彼女を抱きしめて励ましたいとおもっていました。私は可愛い姪はいますが夫も子どももいません。こんなことあってたまるか!怒りだけですたまたま今日見つけたのですこのホームページを。ダウンロードして支援の申し込み用紙を100枚刷りました。こんな裁判活動があったんですね。怒りをバネにわたしもやります。参加させてください。
廣瀬

★人権問題に光★
この問題は女性の人権ばかりでなく、男女平等等、様々な側面を持っていると思います、裁判の勝利を確信するとともに、日本の人権に於ける未来への光となりますように祈っております。
番場

★賛同します★
加害者の行為は許されざるものですが、同時に自衛隊組織の腐敗ぶりにあきれ果てています。 法治国家らしく、法に基づく規制が必要です。できる限り、当裁判を支援したいと考えます。
北海道旭川市 由井

★あなたを支援します★‏
現在沖縄でも、性暴力裁判が大学教員男性と元大学院女子学生の間で行われています。彼女が被害を受けながらも、大学という閉鎖的な場所で声を長く挙げられなかったことに心が痛みます。毎回支援グループで傍聴に行っています。自衛隊の中ならば、もっと声を挙げにくいだろうと思います。裁判のストレスから自分を責めたりする現象も起こるかもしれません。でもあなたは100%悪くない。暴力の被害者です。困難でしょうが自信を持って、回りの人々も支持を固めながら頑張っていきましょう。心は一つ。
沖縄県那覇市 宮城  

★原告女性殿★‏
私もセクハラの被害者ですが、犯人を野放しにして被害者を隔離するこの国は全くおかしいです。お若いのに勇気ある決断をされこちらが元気をもらっています。
京都府京都市 K.H.

★応援します。負けないで!★
女性自衛官の身に起きた事件を、悔しい思いで、知りました。でもありとあらゆる、嫌がらせにあいながら、裁判で、間違いを正していこうと決意なさった勇気に敬意を表します。貴女は、私の娘と同い年、だから、本当に身につまされて、悔しいです。
でも私の友人で、阪神大震災の時、被災し避難所生活を余儀なくされた人がいるのです。その人が、被災して一番分かったのは、自衛隊の人たちのすばらしさだった、といったのです。みな礼儀正しくて、親切で、あの時もらった安心感は、救いだったし、自衛隊は違憲と思っているけど、こういう自衛隊なら絶対必要と思った、とも言っていました。
今度の事件は、自衛隊への国民の信頼を裏切るものです。でも一方で、すばらしい人達もいらっしゃる、その方達のほうが、圧倒的に多いのだから、負けないで、間違いは正していくべきだと思います。負けないで!応援します。
大阪府茨木市 高田

★支援します★
どこまでも正義を求めて、声をあげ続けてくださる勇気に感動し、感謝します。心からの声援をおくり、支援します。
弘田

★女性自衛官の方、応援しています!!★
私は今年で25歳になる女、大学院生です。この事件を、先月の朝のテレビ報道で知りました。テレビを見たときは、加害者の男性と上司たち、そして自衛隊の組織に対して、強い恨みと怒りが込み上げてきて涙が出てきました。また、原告の方の強い決意とそのすごい勇気に感動してしまい、涙がいっそう止まりませんでした。
いよいよこれから裁判が本格的にスタートし、原告の方は仕事も勉強も忙しい中、国と戦うのですね…まだ21歳だというのに。それを思うと、とても胸が痛くなり、そして応援せずにはいられませんでした。私は、この後も事件を忘れず応援しつづけます。そしてこの先の長い彼女の人生、健康的ですこやかな生活が無事に送れますよう、心から本当に祈っています。私は自分の無力さに悲しくなりますが、せめて事件を知ること・応援することだけはさせて頂こうと思います。 今回、多くの女性の救いとなる行動を、大きな勇気を持ってとってくれたこの若い女性に、心から敬意を払いたいと思います。
お父様や恋人、弁護団の方々も含め、皆様の活動を応援しております。
頑張ってください!! 

★原告・会へのメッセージ★
私は自衛隊という軍隊の存在に反対し、とりわけその海外派兵に強く 反対するものです。長野県には陸上自衛隊の松本駐屯地があり、昨年はそこの部隊がイラクに派兵されました。しかるにこの度、若い女性自衛官が隊内で人権を踏みにじられて、在官のまま国を訴えて裁判をたたかっていることについては、彼女(あなた)が自衛官であり続けていることも含めて一切の留保なく、彼女(あなた)を支持します。
裁判に勝利し、語り合える日が来ることを信じます。
長野県長野市 O.K.

★支援します★
大変辛い思いをされ勇気を持ってたたかいに立ち上がられたこと、心から支援します。テレビであなたの一部陳述を見ましたが、真実の訴えに対する国側のコソコソした態度にあきれました。しかし、絶対に油断は禁物です。柔軟な対応で必ず勝利するまで、私も応援します。
北海道在住 S.S

★応援します★
「原告からのメッセージ」を読んで、特に加害者の家族に対する配慮を冒頭に述べていることに目を引かれて、原告は自衛官としてというより、まず人間として優れた人なんだと感じ、応援したくなりました。 暴力集団の弱いものいじめは我慢ならないものです。アメリカ軍のグアンタナモ・アブグレイブ、日本軍の従軍慰安婦・新兵虐め。根は共通していて、自衛隊が精神的にも軍隊になろうとしている現われが、閉ざされた場での女性隊員虐めになっていると感じます。
「民主主義は工場の門前で立ち止まる」と企業経営の非民主性を表現した経済学者が居ましたが、民主主義が隊門の前で立ち止まっているのは間違いありません。
北海道札幌市 北見

★支援します★‏
あなたの勇気ある行動と同性や仲間を思う行動に敬意を表します。
幹部や空曹連中の腐敗した行為には、怒りが心頭です。
私は元陸上自衛官ですが、このような連中が自衛官だと思うと情けなくなってきます。 
私は自衛隊のイラク派遣に反対の思いを持つ元自衛官たちと、反戦運動に関わっています。このことについてあなたと意見が同じかどうかわかりません。しかし、あなたの勇気には心を打たれました。
女性の尊厳を守り、自衛隊内の浄化のために闘うあなたの行動を、ホームページや署名活動を通じ、少しでも多くの方に知ってもらいたいと思います。そのことであなたの仲間を一人でも増やしたいという思いです。
あなたの行動は、セクハラを受けて苦しんでいる女性だけでなく、隊内外でいじめ問題で苦しんでいる立場の人たちにも勇気を与えることになるでしょう。
あなたの傷つけられた人権を取り戻せることを願って。ともに闘いましょう!裁判の勝利を!
京都府京都市 三尾

★裁判の趣旨に賛同し支援します★
原告の方には、告発をした勇気に心から敬意を表していること。彼女には何の落ち度もないこと。我慢はせずに、しかし自衛官として誇りを持って職務を続けられるようお伝えの上、激励していただければと思います。
戦争や、軍隊に対する個人としての考えはありますが、それとまじめに仕事をする個々の自衛官の方たちの仕事に対する誇りや尊厳を守ることはまったく矛盾しません。
原告の方の陳述書を読み、かつて阪神大震災の被災地で出会った自衛隊員の方たちが非常に誠実に職務を果たしていた姿を思い起こし、改めて自衛隊全体として今回の事件を自省できる環境を作っていくことの大事さをかみ締めています。
東京都千代田区 小池

★応援メール★
おかしい、自衛隊はどうして、その男性を庇うのか。応援します。
愛知県 遠藤

★裁判を支援します★‏
この事件は女性自衛官への人権侵害の氷山の一角だと思います。人権侵害をした人達への強い抗議を要求します。
富山県高岡市 尾原

★こんにちは★
貴女の被った被害に同情すると共に、勇気ある行動に敬意を表します。
世界第三の軍事力を持った組織である自衛隊を民主的な組織にすることは、国民の安全にとっても重要な問題であります。その意味で、自衛隊内での人権侵害事件は放置すべきではなく、貴女の勇気ある提訴に対して連帯します。
私の二人の叔父は元自衛隊員で、内一人は銃剣術の名手でありましたが、北海道に赴任していて、15年ほど前に拳銃で自殺しました。自殺の背景にどのようなことがあったのか詳しくは知りませんが、北海道の自衛隊には何となく親近感を覚えます。
健康に留意されて、闘いましょう。
愛知県小牧市 津田 

★初めまして★
現在、関西地方の学校に通う学生で、吉田といいます。
このたび、「女性自衛官の人権裁判」について知り、ホームページを拝見しました。
自衛隊という組織が大変閉鎖的であり、女性の人権をふみにじっている現状に大変憤りを覚えました。いかなる職場でも性別によって差別されるようなことはあってはなりません。同時にお若いながら勇気を出し、二度とこのような被害者を生まないために、と提訴に踏み切った原告の方を是非なにかしらの方法で支援できればと考えました。学生という身分ゆえ、お金はありませんがその他の方法でできることがあれば参加させていただきたく存じます。
原告の方は現在も過酷な状況のなかお仕事を続けておられ健康面が心配です。どうぞお体を大切になさって訴訟を続けてください。応援している人は日本中にたくさんいます。一人じゃないといつも思っていてください。
弁護士の皆さん、自衛隊の対応などが思うようにいかず、苦労が伴う訴訟になるかもしれませんが、どうぞ頑張ってください。必ずや社会を変える一歩となる訴訟になると思います。

★裁判支援します★
長年、女性ユニオン東京で何百ものセクハラ相談を受けてきました。自衛隊の内部での事件についても、今までも相談を受けてきましたが、団結権が保障されていない中で、本人が裁判まで行う事が決断できず、泣き寝入りとなったケースばかりでした。
多くの困難の中で、裁判を決意された、あきらめない、あなたの勇気に多くの女性が励まされていると思います。心から支援します。
東京都渋谷区 伊藤

★支援します★
人間の尊厳を守る原告の勇気に感動しています。頑張ってください。
北海道札幌市 小笠原



2007年10月15日(月) 第3回口頭弁論後の報告会で参加者から寄せられたメッセージ

(ご本人から了承を頂いたもののみ掲載しております)

■弁護士も支援者もあなたの味方です。体に気をつけて!

■嫌がらせをする連中は、いずれ泣きをみることでしょう。応援しています。

■原告はだんだん美しく(凛とした)なってきていると、東京から単独で、一日だけ来道したという女性が話していました。裁判官に憲法に基づく公正な裁判を訴えられた貴女の迫力、すばらしかった。国民の一人として誇らしく思います。お体、気をつけて。

■私も時間のある限り、裁判を応援したいと思います。周りがどんなに応援しても、自衛隊の中では、一人圧力の中で働かなくてはならない事で精神的にはとても大変だと思います。しかし、当初の悔しさを忘れない事で何とか気持ちをしっかり持ち、がんばってほしいと思います。

■○○二尉とのやりとり、ほんとうに立派です。ほんとうにがんばっているのですね。弁護団の方々も「原告のがんばりに励まされている」と言ってましたが、それが納得できます。法廷で遠くからでしたが元気そうにお見受けしました。身体に気をつけてくださいね。寒くなってきますから。

■肉声を初めてお聞きしました。村八分に近い状況の中で、仕事をされているあなたに心から敬意を表します。自衛官の中から自衛隊をより働きやすい職場にするため、声を出し続けている行動に感銘を受けました。きょうの、あなたの声で支援する会に入って応援します。

■寒いのをがまんして、オレンジのTシャツを着て傍聴しました。貴方の真剣な姿を見て熱くなりました。自衛隊員の人権が守られるか否かは、日本の将来を左右する問題です。自らの問題として関わっていくつもりです。

■俺もついてるぞ!!



2007年6月11日 第1回口頭弁論後の報告会で参加者から寄せられたメッセージ
(ご本人から了承を頂いたもののみ掲載しております)

■あなたの誇り高い訴えを多くの支援者たちと共にしっかりと聴きました。たいへんおつかれさまでした。長くつらい闘いに踏み出された勇気に敬意を覚えます。
つらい時には支援者たちの和の中でしっかり涙を流してあなた自身をいたわってくださいね。
自衛隊の中であなたの人権が尊重されていくようになることは、日本社会での人権意識の変革に大きく関わる大事な一歩になることでしょう。勇気あるあなたとの出会いに、ありがとうと言わせてください。

■私にも2人の娘がいます。21才の貴方が、数々の嫌がらせ、脅迫、退職強要に負けないで、勇気を持って訴訟に立ちあがったこと、心から支援し連帯して闘います。人間としてあたりまえのことが通る職場、社会を共につくっていきましょう。

■同年代(20才、18才)の娘を持つ者として、貴方の身を切るような勇気に深く敬意を表します。あなたの叫び、一人の叫びが社会に真の正義をもたらすものだということを信じて闘って欲しいと思います。必ず支援する人々がいること、現れることを信じてください。

■法廷での主張を聴いていて涙が出ました。「若いのに」と言ったら失礼とは思いますが、貴方のまっすぐなお気持ちがビンビン伝わってきました。原告席で相手をキッと見据えていた姿に美しさを感じました。

■私は基地の街、千歳市民です。友人に、自衛官OB、現役隊員も居ますが、平和運動の立場で、自衛隊とは向き合っていますが、今回の問題でも話をしている自衛隊員もいます。同じ隊員の立場として、あってはならないことと考えている人が多いと思います。★基地の体質にいきどおりを感じています。最後まで頑張って下さい。自衛隊の中にも民主主義があるべきだ。

■小さい頃から、家庭の事、学生時代も立派な考えをもって頑張ってこられた事を、私は素晴らしいと思いました。そして社会に大きな夢をいだいて入隊しました。その矢先にこのような事をしいられ、本当に本当に、つらい(大変)毎日だった事でしょう。今日はとても頑張って読み上げてくれましたね。これからも応援して行きますので頑張りましょう。

■どんなに苦しくくやしかったでしょう。命令絶対の自衛隊で退職をしないで裁判をする勇気に、ただただ感銘をうけました。日本の社会にこういう女性がいることに、戦後日本の民主主義の素晴らしさをかんじます。ずっとずっと長いことがまんしてきた女性たちのおもいが、あなたによって、公のものになったと思います。あなたのような女性がおられること誇りに思います。

■あなたの陳述を聴きに東京から来て、ほんとうに良かった。これからもふだんの生活をケチケチしてお金をためて、傍聴に来ようと思っています。私は東京・練馬に住んでいますが、区内に東部方面総監部と第一師団司令部の2つがある区です。子供たちの学校や、母親たちの婦人学級参加などで、25年位前から、女性は自衛官の性的対象にしかなっていないという話を聞いていましたので、それがまだ続いている事実に、まずおどろいています。また、それを放置し続けてきた自衛隊に強い怒りを感じました。

■自衛隊は、いつのまにやら「合法」機関の扱いになっていますが、あくまでも憲法違反のPOWERS(暴力機関)です。その暴力装置の中にいて、性暴力の現実と戦うというのは、困難ではありましょうが、いまの日本の社会にとっても、歴史の上でも、非常に大きな意義があります。あなたの戦いを、心から応援します。
 アメリカのベトナムの侵略戦争は、反戦米兵たちの「軍隊内部からの闘い」によって、軍そのものが総くずれになった結果、止まったのです。そして反戦米兵の組織化には女優のジェーン・フォンダも大いに貢献しました。あなたの戦いは、日本の良心の生命線です。がんばって下さい!!

■すごく良かった。辛かった9か月間のことが胸につきささるようで、裁判所にも伝わったのではないかと思います。あなたはすごい!! お父さんも、聞いているのは辛かったと思うけれど、でも、娘のことを誇らしく思ったのではないかと思います。
4月1日に「セクハラ対策強化」をうたった改正男女雇用機会均等法がスタートし、6月はその「対策強化月間」になっています。そんななかで、この事件は絶対許せない!! よくがんばった。

■裁判を傍聴しました。力強い訴えに、本当に胸が熱く、痛くなりました。たいへんな裁判をよく決意されたと思います。きょうの訴えをきいて、そういう決意をできる強さをもった方なのだと感じました。必ず勝てるように、私も応援します。身体に気をつけて下さいネ。

■究極の権力・男社会に対して泣きねいりすることをこばみ、きぜんと立ちあがった原告に、心からの尊敬を覚えました。どんなに辛く、厳しい日々であったことでしょうか。原告の闘いは、ひとりでの闘いではなく、すべての女性の人権を回復する普遍的な闘いだと思います。裁判がどのような経過をたどろうとも、応援させていただきます。

■まずはおつかれさまでした! 本当に、きつかったと思います。すこしでも、いろんなことを共有して、力になれたら・・・と思っています。あなたを見てたら、私もまだまだ〜と気合いが入ります。私のほうが、ずっと助けてもらってる感じです。わからないこともたくさんあって、力不足なのですが、一緒に乗り越えていきましょう! 今後とも、どうぞよろしくお願いします。

■御若いのに本当によく頑張りました。いつ泣き崩れるのかハラハラしながら聞いておりましたが、お父様や貴方のようにきっぱりと闘い、権利と正義を主張できる方に敬意を表すると共に、どれほどの泣き寝入りの人々がいるのか密室の恐ろしさを感じています。終わった時の拍手はみんなの心からのものです。
| ホーム |